プロフィール

Atelier karen

Author:Atelier karen
一條 文子 
仙台市在住
ビーズや天然石を使ってアクセアリーを作っています。
自宅やカルチャーセンターでビーズ教室を行っています。
アートショップ「レコルト」など展示販売のイベントに参加。

一般財団法人 生涯学習開発財団 楽習フォーラムの認定取得
 
・ソウタシエ スペシャリテ
・ビジューストーンアクセサリースペシャリテ
・チェインメイルジュエリー
・ビーズアートステッチ
・ビードルワークディプロマ
・ビジュー・ド・パリ
・ジュエリークロッシェ
・リリアンジュエリー
・モードジュエリーメイキング
・ビーズアート 

日本シードビーズ協会
・デコ刺繍

ビーズを通して沢山の方々と知り合うことができました。
感謝の気持ちを忘れずこれからもビーズの輝きをかりて沢山の表現をしていきたいと思います!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

彼の進む道

中3の息子の三者面談がありました。
公立高校の滑り止めとしての私立高校の志望校を決定させるための話し合いでした。親子での話し合いは済んでいたし不安な気持ちもなく望んだのですが、、、。しょっぱなから志望校の見直しを強く勧められ、公立については偏差値が遠く及ばないことやなぜその高校を選んだのか動機が曖昧だしそれでは目標に向かって突き進むことは出来ない等々厳しい話を聞いてきました。
今学校でも塾でもよく言われるのが「将来何になるのか、目標は何か」ということ。息子はこう問われる度に自信をなくしているように見えてしまう。好きなこと、やってみたいことはいくつもあるけれどどれも今現在は強く願うほどではないらしく進学して成長していく過程で色々体験してみてからハッキリしていけばいいなあと思っていると。私はそれでよいと思っていたけれどのん気すぎるのかな。人其々パーソナリティーがあるし覇気がないと責められてもナア。まあ問われる事で意識はするようになったからヨシとするか、、、。息子の進路について一喜一憂する今日この頃。高校は通過点、大事なのはその後の長い人生。結局親は見守ることしかできないんだなー。
スポンサーサイト

エコ家事プランナーemu*stytleさん

CIMG1606.jpg
テレビや新聞などでご存知の方も多いことと思います。
地球環境に優しいエコ家事についてセミナーを開いているemu*styleさん。
重曹やクエン酸の天然の力を使って楽しくしかも安全に掃除することが出来るんですね。
毎日を丁寧にいとおしむように暮らしている彼女だからこそ提案できた素晴らしいこと。
知ってはいたもののなんだか億劫で合成洗剤に頼りっぱなしだったけれど今が始め時!
今回は重曹とクエン酸のほかに彼女手作りのバスボムもゲット。市販の入浴剤とは違って重曹とクエン酸とハーブ精油100%で作られています。シュワシュワ~っと溶け出してハーブのいい香りに至福のバスタイムです。可愛くラッピングして下さりプレゼントにも最適です。
笑むさんとはオータムセミナーで知り合ったのですがぐいぐいっと人を惹きつける魅力的な人!

楽しくもハードな週末

CIMG1598.jpg
ナイロンコートワイヤーにいろんなビーズを通したり下げたりしてピアスをつくりました。

さて土曜日は次男の学芸会 彼は五年生、「泣いた赤鬼」で村人の一人を熱演?
会の〆は六年生の合唱と演奏。インディジョーンズのテーマは力強くてさすが六年生。
感動しました。
夜はおさななじみのYちゃんと久々の再会。昔話に花が咲き時間はあっという間に過ぎたのでした。
そして日曜日次男の野球で5時起床。そして雨の中の試合。見ているだけの私ですが疲れました。
心配していた次男の喘息、やはり少し悪化。これからの季節も用心、用心。

プチ・ミル・フルールinセルバ

CIMG1605.jpg
週末の11月8日、9日に仙台市泉区中央のデパートセルバにて手作りアートまつり、ミル・フルールが開催されました。
今回私は出品しなかったのですが仲間の皆さんの作品が見たくてセルバに行ってきました。
代表の滝本さんや流木アレンジのGreen heartさん、初参加のパッチワークのwoodberryさんなどなど充実した顔ぶれ。素敵な作品に足を止めるお客さんも多かったようです。
活気のある会場に行ってみるとああ、出たかったなあと羨ましくなってしまう、、、。
でもでも、、、長男の受験が終わるまではイベントは我慢しようと決めたのでした。
不器用なのでイベントとなると目の前のことしか見えなくなるから。友人には「あなたが受験するわけじゃないんだから親は親で何かやっていたほうが絶対いいのよ」と言われたんだけど家での内職だけはコツコツやって息子を遠巻きに見守ることにしました。

親の心、子知らず、、、。相変わらずマイペースな息子がゲームをピコピコ、、。あーあ、、、、。

今日は仲良しのママ友お二人とアクセサリー作り。マンテルを使いシックな大人のアクセサリーを作りました。写真はお二人の作品。

隔離されるカーレッジ

CIMG1476.jpg
昨日と今日は自宅でのアクセサリー講習会。
自宅での講習会でネックになるのはカーレッジ。ただでさえ家族以外には吠えまくるワンコなので落ち着くまで会話もままなりません。なので和室に隔離せざるを得ないのです。
鼻でドアを開けられないように念入りにバリケードを立てたり準備をしていると彼女にも分かるのでしょう。「ごめん、ごめん、待っててね」と閉じ込めちゃうと悲痛な泣き声が10分以上、、、、。
今回は何度かいらしている英会話スクールの仲良し6人様とアメリカ人の先生が昨日と今日で分かれていらっしゃいました。中には当然犬が苦手という方もいて一度隔離した部屋からカーレッジが飛び出してきてとても驚かせてしまった事があったっけ。
今日もカーレッジはよく我慢しました。皆さんが帰った後は暫くにおいを嗅ぎまわっている彼女。隔離されていた間ここで誰が何をしていたての!!!とでも言いたげな目をして。

母譲り?

CIMG1591.jpg
3連休初日はフォーシーズン パストリーさんに10月分の〆と納品に行ってきました。
帰りに近くに住む両親の顔を見に寄ったとき、母が私に持って帰らせようと五目ご飯、イチヂクのワイン煮、リンゴケーキなど作ってくれていました。もう年だからそんなにパタパタ動かなくていいよと言っても私の息子達に食べさせたいみたい。
その帰り道気持ちが温かくなっているのに気づきました。幾つになっても母は母、娘は娘、手作りのものは余計に嬉しいものですね。
自分もオババになったら息子達に同じようにしてやりたいなあと思いながら帰ってきました。
私や姉は母の作った服を着て育ちましたし木の実を拾って糸で繋いでネックレスを作ってくれたっけ。料理は?マークですが私は小さい時から手仕事が好きでした。ビーズ、リリアン、フェルトでマスコットを作ったり。手仕事が好きなのは母譲りかもしれません。うちは男の子二人、私のアクセサリー作りには興味なし。つまんないなあ。

| ホーム |


 ホーム