プロフィール

Atelier karen

Author:Atelier karen
一條 文子 
仙台市在住
ビーズや天然石を使ってアクセアリーを作っています。
自宅やカルチャーセンターでビーズ教室を行っています。
アートショップ「レコルト」など展示販売のイベントに参加。

一般財団法人 生涯学習開発財団 楽習フォーラムの認定取得
 
・ソウタシエ スペシャリテ
・ビジューストーンアクセサリースペシャリテ
・チェインメイルジュエリー
・ビーズアートステッチ
・ビードルワークディプロマ
・ビジュー・ド・パリ
・ジュエリークロッシェ
・リリアンジュエリー
・モードジュエリーメイキング
・ビーズアート 

日本シードビーズ協会
・デコ刺繍

ビーズを通して沢山の方々と知り合うことができました。
感謝の気持ちを忘れずこれからもビーズの輝きをかりて沢山の表現をしていきたいと思います!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

感動の試合

CIMG1903.jpg
三連休次男は所属する野球のスポ少の公式試合。六年生の彼にとっては残り少ない貴重な公式試合。初戦はコールド勝ち、スタンドから応援していた私たちからは集中した試合に見えたけれど試合直後のミーティングで監督は怖い顔、子供たちに喝を入れていた、、、。素人の母には分からない子供達のプレイ、気持ち、、、。明らかなボール球に手を出しすぎていた、しかも六年生達が、、、。そうだよなあ、それに対して声を掛け合うこともなかったもんなあ。勝てばいいってんじゃない、次の試合に繋がるような試合をして勝たねばならない。
翌日は二回戦、相手は強敵、昨日のような試合をしては負けてしまう、、、。ところが昨日の監督の喝が効いたか、とても集中した締まった試合で互角に戦い、いやむしろ押し気味で競り勝ったのでした。子供達のキラキラ輝く笑顔、可愛くて眩しくて泣き虫母はまた泣いてしまいました、まだ二回戦だというのに。「お母さ~ん、また泣いて~、もお~」息子に嫌がられるのでさくさくと涙を拭きます午後から三回戦、いつも上位に食いこむ強豪です。でも野球はやってみなけりゃ分からないからね、、。試合開始 集中して団結して頑張った子供たち。結果は、、、残念ながら負けました。試合後珍しく次男が泣いてた。そうか、勝ちたかったんだね。思い残すことがあったのならまだまだ頑張れる。毎日の素振り、ランニング、羽打ちなどなど 継続は力なり、頑張れ 次男。
スポンサーサイト

ハードな一日

CIMG1902.jpg
CIMG1899.jpg
先週宮城蔵王のフォーシーズンパストリーさんに納品させていただきました。運転にも慣れて快適なドライブ、いいお天気でお店の周りの緑も益々深まり葉っぱは風にそよいでいました。パストリーさんは外でも食事が出来るようになっています、こんな日はペットを連れてランチを楽しんでいるお客さんもいて羨ましいです。私もランチをしたかったのですが午後からは長男の三者面談でしたのですぐにお店を失礼しなければなりませんでした。
三者面談は覚悟はしていたものの先生の厳しいお言葉の連発に息子も私もかなり凹んで帰ってきました。でも自業自得、、、勉強と野球を両立させることは思っていたよりも大変なことのようです。しっかり、長男!

フェルト教室その2

CIMG1897.jpg
先週末エコクラフト作家のまゆさんのフェルト教室に行ってきました。2回目です。今回は水フェルト。前回は羊毛を針でチクチクしてフェルト化してお花のモチーフを作りましたが今回は羊毛に水〔人肌温度〕とほんの少しの合成洗剤を加えて摩擦を続けてフェルト化するという手法です。小さいボールとコースターと小さな袋状のものを作りました。羊毛が摩擦によってフェルト化する過程はとても面白くまたまたフェルト熱が上がった私です。昔々ノアの箱舟に乗った動物たちの毛が床に落ちそれを踏んでいたら知らず知らずのうちにフェルトの絨毯が出来ていたのがフェルトの始まりというエピソードがあるとまゆさんが話してくれました。カーレッジの毛でもフェルトが出来るかもしれない、抜け毛をいつかチクチクしてみようかな。
それにしてもフェルト教室本当に楽しい。まゆさんの教え方がお上手だし勉強になります。
まゆさん、有難うございました。

気合いの丸刈り

毎週末は長男も次男も野球三昧で親もかりだされウィークデーよりぐったりしてしまう、、、。高校で硬式野球部に入った長男はよくこう言う、「毎日楽しいよ、特に部活はね、先輩も優しいし仲間は面白いヤツばっかりだしさ」と。ふーん、、先輩達優しいんだ! 私も中学、高校と運動部で頑張ったけど先輩はこわいもの、優しいとは一度思ったことはなかったから意外。でもナアナアの関係というわけではないらしく先輩方のことは尊敬しているし礼儀もきちんとしているようです。先輩達の背中を見ているからなんだな、黙々と練習する姿、後輩たちにアドバイスも忘れない。爽やか~。
そんな先輩達の夏の大会予選がもうすぐ始まる、一年生も精一杯応援していますという気持ちをアピールするためか長男は頭を丸刈りにしてきた、あんなに嫌がっていた丸坊主。なかなかのスポ根、お母さんは好きだよ。チクチク頭は気持ちがよくて毎日よしよししてしまうしいいスキンシップになっています。

羊毛フェルト体験

CIMG1895.jpg
先日友人と羊毛をニードルでちくちく刺しながらフェルト状にして小さなモチーフを作ってきました。
教えてくださったのはミル・フルールで知り合ったエコクラフト作家のまゆさんです。
ミル・フルールは解散してしまったのですが元々まゆさんの作品のファンでしたしフェルト作りを以前からしてみたくてまゆさんにお願いしていたのでした。
写真はこの日作ったお花のモチーフとニードルです。とても単純な形ですがここまで形作るのがなかなか大変!ニードルも太い、何度かちくっと指に刺しちゃいました。イタタタ、、、、。
ちくちく、、、またちくちく、、、ずっとちくちく、、、。約2時間ちくちくしてやっとこれ。まゆさんなら1時間もかからないだろうなー。でも思っていたよりこのちくちく作業が楽しかったのでした。黙々と形づくって行く作業、向いています、私には。無心に。好きです。
友人は小さな羊ちゃんをつくりました。以前フェルトの作品〔洋ナシ〕をワンコにハグハグされた友人。自分で作った羊はワンコにハグハグされないように高いところに置くそう。フェルトは羊毛だけにケモノのニホヒがするんですね。ワンコにはたまりません。うちもカーレッジの届かないところに置かなくちゃ、、、。次回はニードルを使わない水フェルト。楽しみです。いつかアクセサリーのモチーフを自分で作れるようになりたいです。それにしてもまゆさんのお宅とても素敵でした。だんな様も木工とかされる方だからまゆさんのアトリエはテーブルからだんな様の手づくり。白を基調としたとても素敵な空間。まゆさんのお人柄そのものでした。

| ホーム |


 ホーム