プロフィール

Atelier karen

Author:Atelier karen
一條 文子 
仙台市在住
ビーズや天然石を使ってアクセアリーを作っています。
自宅やカルチャーセンターでビーズ教室を行っています。
アートショップ「レコルト」など展示販売のイベントに参加。

一般財団法人 生涯学習開発財団 楽習フォーラムの認定取得
 
・ソウタシエ スペシャリテ
・ビジューストーンアクセサリースペシャリテ
・チェインメイルジュエリー
・ビーズアートステッチ
・ビードルワークディプロマ
・ビジュー・ド・パリ
・ジュエリークロッシェ
・リリアンジュエリー
・モードジュエリーメイキング
・ビーズアート 

日本シードビーズ協会
・デコ刺繍

ビーズを通して沢山の方々と知り合うことができました。
感謝の気持ちを忘れずこれからもビーズの輝きをかりて沢山の表現をしていきたいと思います!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵の陶器市

CIMG1585.jpg
先週村田町で開かれている蔵の陶器市に行って来ました。66もの窯元さんが出展する大イベントです。
近くに滞在している父母と犬も誘ってテクテク蔵の町を歩きました。
村田町の蔵の町は歴史が古く偶然再会した父の知り合いのお宅は江戸時代末期に建てられ150年くらい経っているそうでびっくり。趣があってとても素敵。私が毎週ハマって見ている篤姫の時代ではありませんか。維持が大変とのお話も聞きましたが是非是非これからもずっと残していただきたい文化財産だと思います。
さて写真も古いお宅でしたが普段から公開それているとのこと。ここで知り合いの野の花さんが草木染の展示販売をしていたのでそこに行くのも目的の一つでした。和服姿の野の花さんは相変わらず素敵でした。楽しみにしていた草木染の毛糸で編んだミニマフラーは完売状態でした。残念、、。
帰りには素敵なカップ&ソーサーをゲット。ソーサーはお皿として単独でも使えるしカップを乗せて脇にケーキなども置けるくらい大ぶり。お客さん用に4セット欲しかったけれどお財布と相談すると2セットとなりましたが作家さんが私の懐具合を察してかおまけして下さいました。有難う、作家さん。大事に使います。出店も沢山出ていて美味しいものもお腹一杯食べてきました。芸術の秋、食欲の秋を満喫!
スポンサーサイト

<< バッグチャーム | ホーム | 教室の看板 >>


コメント

笑むさま

こんにちは
野の花さんの草木染の作品はとても優しい色合いばかりです。ストールやマフラーなんて笑むさんも好きだと思うなあ。蔵の陶器市毎年開催のようです。情報お知らせしますー。

蔵も草木染もまさにストライクゾーンです!
蔵は小さい頃の田舎の思い出がよぎります~
カップ&ソーサーもよかったですね。
村田町の蔵の陶器市は毎年開催ののかしら。
行ってみたいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。